2001年~2006年の5年間の英国駐在の記録を少しずつアップして行きます リンク歓迎!


by 2001-2006UK

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2001年12月12日 大英博物館にて

f0166749_2029561.jpg






朝10時SWINDON発の電車にてLONDONへ行く。前もってチケットをGETしておいたのでとても安心かつ、リーズナブル。リターンチケットで£22。車をスィンドン駅の近くに停める。みんな通勤で電車を利用しているらしく、9時半で既に満車。かなり遠くのPをやっと見つけて駐車。24hで£5。まぁまぁな値段だ。

当初はまだ知識も少なく、一人のときは電車でロンドンへ行ったけど、今思うと、バスが断然
お得!往復で£5.0以下ってのもネット予約できる時代~~

珍しく時間通りに電車が到着。座席指定。ロンドンまではレディングにしか停車しないので
1時間で到着できる。新幹線と同じ感覚~。
ロンドンでアダルトSINGLEチケット(ゾーン1で£1.5)を購入。小銭は必需品。
地下鉄の利用は比較的に慣れているので安心。大英博物館まで少し迷って12時に到着。
早速鑑賞開始。

f0166749_20325349.jpgf0166749_203374.jpg


アジアに関する展示が一番興味深かった。
どの国でも「神」や「仏」をあがめているのだが、その様相が様々で実に面白い。
同じ仏教でも仏様の描き方がまるで違う。
とても新鮮だった。
チャイナペイント本場の中国の作品はやはり迫力があった。
モチーフの桃はなんとも表現し難いなんともいい色合い。見事!

f0166749_20351353.jpg
日本のコーナー。特別展示として、ねぶたを何ヶ月もかけて館内にて作成。総勢10名ほどのスタッフが朝から晩まで作業して作っているらしい。なんか、ジーンときた。
今年は「ジャパンイヤー」で日本の特別展示がたくさんしてあった。
「お土産」に関する展示や「プリクラ」の機械が置いてあったり、、、
海外にて見る「日本」は少し違って見えるから面白い。





チャイナペイントをやっているので、どうしてもこのコーナーに時間を取ってしまう~

f0166749_20363639.jpgf0166749_2036467.jpg

中世のドイツマイセンのチャイナペイント         サンプラー

f0166749_20372035.jpgf0166749_20373566.jpg

かなり古いものだが、なぜか今でも新鮮なオーラを放っている。とても参考になる。

f0166749_203828100.jpg
館内中央に最近作られた「グレート・コート」と呼ばれる図書館。博物館に関した図書や所蔵する貴重な資料などが閲覧できる。
とにかく駆け足でまわっても3時間は要する。じっくりみたら1日では終わらないかもしれない。
また何度も足を運びたいと思った。
[PR]
by 2001-2006UK | 2008-06-27 20:39 | ロンドン

◆おしらせ◆

カテゴリ

全体
はじめに
英国生活2001
パリ旅行2001
スイス旅行2001
コペンハーゲン旅行2001
ロンドン
スペイン旅行2001
英国生活2002
湖水地方旅行2002
カメラ
フランス旅行2002
ブルージュ旅行2002
コッツヲルズ
フランスSKI旅行2002
英国生活2003
両親 来英

タグ

(6)
(2)

以前の記事

2011年 09月
2010年 02月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月

ブログパーツ

東京金融取引所

その他のジャンル