2001年~2006年の5年間の英国駐在の記録を少しずつアップして行きます リンク歓迎!


by 2001-2006UK

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2001年8月7日 スイス旅行7~8日目

f0166749_13302824.jpg


しつこいですが・・・マッターホルン





◆8月7日◆
後ろ髪ひかれるような快晴。今日は午後~移動だったので、午前中「スネガ」に出かけた。
f0166749_1332116.jpgf0166749_13321482.jpg


こういった標識がいたるところにあって何処まで何時間でいけるか表示されていて便利。
f0166749_13323316.jpg

          スネガから観たマッターホルンもまた見事。
f0166749_13344843.jpg



午後1時10分ツェルマット発ジュネーブ行きの列車に乗る
f0166749_13353613.jpg


「VISP」付近、車窓から。「VISP駅」でのりかえ。
ジュネーブまでは3時間32分。

電車の旅はお気楽である。ただ、子供を連れて大きな荷物でといった方には向かないなもしれないが・・・

f0166749_13364699.jpgジュネーブ駅から徒歩5分ほどの場所にある、
Hotel Bristol

モンブラン橋から見たレマン湖名物大噴水には虹がかかっていた。



f0166749_13401186.jpg
丸め4灯のインテグラTYPE-Rを発見!他にも黄色のを見かけた。やはりヨーロッパで見かけるホンダ車はスポーツカーが目立つ。
その他驚いたのは、市内を巡回している2台分をつないだ長いバス。よく運転できるなぁ~。
街で「日本料理屋」をいくつも発見。さすがに恋しくなり、味噌汁をすすった。






◆8月8日◆
朝から天候は不順。旅の最終日なのに。夜8時発の飛行機まで時間がたっぷりあったので、市内観光。

f0166749_13413599.jpgf0166749_13414941.jpg

イタリアともフランスとも似ていない町並み。そこから感じる雰囲気はさほど気になるものではなかったかも。
まず、「美術歴史博物館」へ行ってみた。ここは入場無料で今世紀初頭に建てられた宮殿風の建物内にジュネーブの歴史的、芸術的な遺産が数多く保存されていた。約300の展示室があり、見ごたえは充分。
その後、「ボール・コレクション」へ行く。東洋美術の博物館で日本と中国の陶器・版画が展示されている。中国の陶磁器は唐の時代~清の時代までの逸品。特別展示室には江戸時代の浮世絵や日本刀・陶磁器・漆器など、日本国内でも滅多にお目にかかれないような広重の版画にもお目にかかることができた。(撮影できませんでした~(T_T))

f0166749_1344999.jpgf0166749_13442283.jpg



イタリアン「シェ・レオ」にて昼食。お店は沢山の人でにぎわっていた。(美味しかったです)
お隣に犬を連れたお姉さんがやってきた。こちらでは、犬を連れたままレストランやお店、ホテルに入ることが普通らしい。犬も一人前に扱ってもらえるのも飼い主のモラルが良いせいだろう。
微笑ましい瞬間であった。
  
ジュネーブの街から空港まで電車で5分ほど、夜8時10分ジュネーブコアントラン空港発の小型飛行機(スイスエアー)にてヒースローに。
8日間の夢の旅は心もおなかも満腹で無事終了。
[PR]
by 2001-2006UK | 2008-05-23 13:45 | スイス旅行2001

◆おしらせ◆

カテゴリ

全体
はじめに
英国生活2001
パリ旅行2001
スイス旅行2001
コペンハーゲン旅行2001
ロンドン
スペイン旅行2001
英国生活2002
湖水地方旅行2002
カメラ
フランス旅行2002
ブルージュ旅行2002
コッツヲルズ
フランスSKI旅行2002
英国生活2003
両親 来英

タグ

(6)
(2)

以前の記事

2011年 09月
2010年 02月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月

ブログパーツ

東京金融取引所

その他のジャンル