2001年~2006年の5年間の英国駐在の記録を少しずつアップして行きます リンク歓迎!


by 2001-2006UK

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2002年8月6日 旅のメイン!N74号沿いのCAVEめぐり

f0166749_19333344.jpg


今回の旅のメイン~~♪





朝起きると、大雨。旅もいよいよ終盤に差し掛かってきた。
今回のワインめぐりのメインであるN74沿いの黄金の丘を目指す。

f0166749_19342351.jpg

        Chassagne Montrachet ・Vosne Romaneのグランクリュー畑 


f0166749_19362573.jpg

f0166749_20481423.jpg


              ・Aloxe CORTON(一番のお気に入り) 

f0166749_1944266.jpg
f0166749_19441222.jpg

               お約束の十字架前での撮影

f0166749_19444510.jpg

               これがロマネコンティの葡萄

f0166749_19455150.jpg

            Grands Crus(グランクリュー特級の畑)

とにかくはじめは大雨でどうなる事かと心配したが、だんだん小雨に変ったので助かった。
ちなみに今回は通過しただけの「BEAUNE」(ボーヌ)の街はとても可愛らしいステキな村でした。次回泊まりたい~
高速は走らず、N74を北上。
ほんと、よだれものの畑がずら~り!しかも世界の頂点って言われるだけあって、テースティングも今までとは訳が違う。何より、値段が・・・でも日本やUKで買うこと考えたら、こんな素晴らしい繊細な蔵出しワインがこの値段で飲めるの!という割り得感のほうが断然勝っていますので金額のことなど忘れて片っ端から買いあさったのでした。その中でも一番気に入ったのが、

f0166749_20492623.jpg

「CORTON」>Corton-Renardes 1997   
Grand CRU Appellation controlee (特級の純粋な)
Mis en Bouteille Par (摘み取りからボトル詰まで全てとりおこなった)
Domaine Michel Voarick(作者の名前)

普通、グランクリューはテイスティングもさせてくれない。けど、ひょこり伺ったそのCAVEでは惜しみなくコルクをぬくぬく!
こんなの生まれて初めて~!の感動ものだった。しばらく我を忘れてしまうほど。
素晴らしいの一言に尽きます。 それからお約束の十字架前での撮影。運良く雨も上がり記念撮影できました。
かの有名な「ロマネコンティ」の畑は本当に小さい。確かに年間6000本ほどしか作れないのは納得。で幻と言われるのも納得。
それから北上し、Vougeotへ。グランクリューは売り切れていたので
プレミアクリュー(一級)をGET。でも高いしテイスティングなし。
こうしてすっかり気分とトランクは満たされで大満足の余韻を残し、
今日のお宿、Dijonから西へ100kmほどのGRAYへ急ぐ。
つづきは次回~~
[PR]
by 2001-2006UK | 2009-01-11 19:52 | フランス旅行2002

◆おしらせ◆

カテゴリ

全体
はじめに
英国生活2001
パリ旅行2001
スイス旅行2001
コペンハーゲン旅行2001
ロンドン
スペイン旅行2001
英国生活2002
湖水地方旅行2002
カメラ
フランス旅行2002
ブルージュ旅行2002
コッツヲルズ
フランスSKI旅行2002
英国生活2003
両親 来英

タグ

(6)
(2)

以前の記事

2011年 09月
2010年 02月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月

ブログパーツ

東京金融取引所

その他のジャンル