2001年~2006年の5年間の英国駐在の記録を少しずつアップして行きます リンク歓迎!


by 2001-2006UK

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2002年8月3日 ニース~エクス・アン・プロヴァンスへ CAVEめぐり

f0166749_1549748.jpg








AIX EN PROVENCE へ直行。運良く朝市に遭遇。本当に美味しそうな新鮮な野菜や果物魚介類、香辛料から生きてるウサギやカモなどあらゆる魅力的な食材が飛び交う。その辺でジャズの音色が~♪。
こういうのってほんと嬉しい遭遇っていうのかな。バカンス気分も一層盛り上がります。



f0166749_1550439.jpg
f0166749_15505118.jpg
f0166749_1551054.jpg


裏路地を入ったところで「ランチ」をする。もうあの新鮮な野菜を見た直後だったので迷わず「サラダ」を注文。これがなかなか期待を裏切らない美味しいものでした。
 「Le Bistroquet」
丸いオレンジ色のは「メロン」です。私が食べたモッツァレラはイタリア並に美味かったです。

街の路地に「オリーブ」専門店を発見。自然食品っぽいお店だったんだけど、そこでオリーブオイルとお塩をGET。
お塩はちゃんと天然の海のミネラル。ラ=カマルグのものです。しょっぱいのにほんのり甘~い。



f0166749_15575177.jpg
f0166749_1557595.jpg


午後~「ワインめぐり第二段」「プロヴァンス編」へ繰り出す。とにかく田舎を走り、見つけたCAVEで次の酒蔵を聞くというアナログな手段採用。当てもなく走っても決行見つかるもんなんですよ、これが。
プロヴァンスのワインは本当に安い!信じられないほど。一本2ユーロなんてのもある。(約300円)ロゼとブラン(白)を大量に購入。
ここでもテイスティングが楽しくて止められない。
本当は味わうだけで飲み込まないで吐き出すそうだが、そんなもったいない事はできないのでグビグビやった。
バンドペイ(地酒)やらA.O.Cのものまで本当にお手軽にお目にかかれます。
ただ、田舎に行けば行くほど、英語は通じなくてフランス語もちんぷんかんぷんでアドリブONLY。
「ボンジュール」(こんにちは)「メルシー」(ありがとう)「オヴォアー」(さよなら)これしか通じない。
本日のお宿はとてもチープなHOTEL LE Concorde フラットのような気楽さがとても気に入った。素泊まりで一人4000円ほど。夕食は近所で食材を買い、部屋で宴会することにした。結構こういうの好きです。美味しい素材の手に入る国「イタリア」や「スペイン」「フランス」などではお勧めです。
[PR]
by 2001-2006UK | 2008-12-28 15:59 | フランス旅行2002

◆おしらせ◆

カテゴリ

全体
はじめに
英国生活2001
パリ旅行2001
スイス旅行2001
コペンハーゲン旅行2001
ロンドン
スペイン旅行2001
英国生活2002
湖水地方旅行2002
カメラ
フランス旅行2002
ブルージュ旅行2002
コッツヲルズ
フランスSKI旅行2002
英国生活2003
両親 来英

タグ

(6)
(2)

以前の記事

2011年 09月
2010年 02月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月

ブログパーツ

東京金融取引所

その他のジャンル